記事一覧

10月10日は目の愛護デー アイアイ体操で目の疲れを癒やしましょう

                    

10月10日は「目の愛護デー」です。

1010を横に倒すとまゆと目の形に見えることが由来です。

中央盲人福祉協会が1931年(昭和6年)に「視力保存デー」として制定しましたが、戦後、厚生省(現在の厚生労働省)が「目の愛護デー」と名称を改めました。

10月10日前後には、各都道府県の眼科医会が目の保健を啓発する講演会や相談会など、様々なイベントを開催してます。

035446.jpg



眼精疲労とは


目がかすみ、目の乾き(ドライアイ)、目の奥の鈍痛などを感じ、それと共に頭痛や肩こり、全身のだるさなどの症状がある場合は、主に眼精疲労が原因です。

パソコンやスマホ、テレビゲーム、コンタクトレンズなどを長時間使用して目を酷使すると、眼精疲労が生じやすくなります。

目が酷使されると、ピント合わせの働きをする毛様体筋という眼の筋肉が疲労し、凝り固まってしまいます。

また、目を動かすエネルギーも不足がちになり、目の筋肉に疲労を促す乳酸が増えてしまうことで、慢性的に目が疲れた状態になり、眼精疲労が生じます。

200597.jpg



眼精疲労の対処法


眼精疲労に対処法するには、定期的に目を休ませたり遠くを見たりして、目の緊張状態を和らげることが必要です。

また、眼球周辺のマッサージや、眼球体操、ツボ押しをすることで、人為的に血行を促進させることも、眼精疲労の対策として有効です。

                    
                                                                         

アイアイ体操で目の疲れを癒やしましょう


目の緊張をほぐすして血行を促進する体操はいろいろありますが、埼玉県上尾市の原市小学校の「ほけんだより」で紹介されている、「アイアイ体操」がわかりやすく気軽にできて、よいと思います。

目の愛護をテーマに、「目(アイ)を愛する」という語呂合わせで「アイアイ体操」と名付けられたそうですよ。

では、実際にアイアイ体操をやってみましょう。



①目を右・左・上・下に動かす

②目をぐるぐると回す(右回り・左回りどちらも)

③目をぎゅっと閉じてぱっと開く

④親指を立て、顔の前でじっと見つめる、腕を伸ばしてじっと見つめる

⑤首をぐるぐると回す

⑥手の甲でまゆの辺りをマッサージする

⑦親指でこめかみをマッサージする

⑧最後に深呼吸




原市小学校では、毎日4時間目の終了後に校内放送の音楽に合わせて全校児童がアイアイ体操をしているそうです。

目の疲れを感じた時や1日の終りにアイアイ体操をして、目の疲れを癒やすのはいかがでしょうか。

217847.jpg



毎日の食事で目に必要な栄養補給


目の働きに良い栄養素は、ビタミンAとビタミンB群と言われています。

ビタミンAは、角膜や網膜の細胞や角膜表面を保護する細胞の活性化させ、新しい細胞を産生を促します。

◆ビタミンAを多く含む食品:
レバー、うなぎ、卵黄、バター、ほうれん草、ブロッコリー、小松菜、にんじん、ブルーベリーなど


ビタミンB1、B12は視神経の働きを高め、視力の低下を防ぎます。

◆ビタミンB1、B12を多く含む食品:
豚肉、牛レバー、うなぎ、乳製品、さば、いわし、かつお、玄米、ごま、大豆など

120072.jpg



ひどい目の疲れの場合は眼科医に相談を


以上のように、目の疲れや眼精疲労に、日々の生活の中で自分でできる対処方がいろいろあります。

しかし、慢性的な目の疲れや眼精疲労で仕事や日常生活に支障が出る場合には、自分で対処するだけではなく、早めに眼科医に相談することをおすすめします。


出典:
・おやけ眼科
http://www.oyake-clinic.com/original4.html
・上尾市立原市小学校 ほけんだより
http://www.city.ageo.lg.jp/uploaded/attachment/23622.pdf
・ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org

関連記事