記事一覧

マイナンバーの「通知カード」と「個人番号カード」の違いは?

                    

マイナンバーの通知カードの簡易書留には、「個人番号カード交付申請のご案内」という7ページの小冊子が同封されています。個人番号カードの申請は任意ですが、通知カードとは何が違うのでしょうか?


通知カード


s-通知カード見本.jpg
-出典:総務省HP 「マイナンバー制度と個人番号カードのご案内」-



通知カードは紙製のカードで、氏名・住所・生年月日・性別・マイナンバー(個人番号)が記載されています。

通知カードの主な役割は、その名の通り私たちに自分のマイナンバー(個人番号)を通知することです。

マイナンバー制度では、自分の個人番号を記載した書類の提出や勤め先へのマイナンバー提出などの場面で、「正しい個人番号であることの確認」と「手続きを行っているのがその番号の持ち主であること(本人確認)」を確認することが義務付けられていますが、通知カードの提示だけではこの2つの確認手続きを完了できません。

しかし、個人番号カードがあれば、個人番号の確認と本人確認の手続きをこのカード1枚で完了できます。


個人番号カード


s-個人番号カード見本.jpg
-出典:総務省HP 「マイナンバー制度と個人番号カードのご案内」-



個人番号カードは、運転免許証のように顔写真が付き、ICチップが埋め込まれたプラスチック製のカードです。

表面に記載される項目は以下の通りです。

・氏名
・住所
・生年月日
・性別
・顔写真
・電子証明書の有効期限の記載欄
・セキュリティコード
・臓器提供意思表示欄
・サインパネル領域(記載情報に修正が生じた場合-引越した際の新住所など-の修正情報を記載)

裏面にマイナンバー(12桁の個人番号)が記載されます。


また、繰り返しになりますが、マイナンバーの記載が必要な手続きや勤め先へのマイナンバー提出の際に必要な、番号確認と本人確認は、個人番号カード1枚を提示することで完了します。

さらに個人番号カードは、図書館利用証や印鑑登録証、コンビニで住民票などの証明書を発行する際にも使用できる他、将来的には健康保険証としても利用される予定となっています。

その他、マイナンバー制度の運用が始まると個人番号カードの利用範囲は随時拡大してくことになっています。


個人番号は申請した人に交付される


個人番号カードの申請は任意です(申請手数料は当面無料)。

申請は、通知カードに同封されている個人情報カードの交付申請書に記入・捺印し、自分の顔写真を貼って返送することで行えます。

また、パソコン・スマホ・タブレットからオンライン申請することもできます。

マイナンバーの個人番号カードをオンライン申請してみた(PC編)

個人番号カードを申請したら、後日交付通知書が郵送されてきますので、該当市区町村の担当窓口で、自分の個人情報カードを受け取ることができます。




ICチップにはどんな情報が入っているの?


個人情報カードのICチップに含まれる情報は、カードに記載のある情報(氏名・住所・生年月日・性別・顔写真・個人番号)と「電子証明書」です。

「電子証明書」というのは、インターネットを通して申請や届出などを行う際の本人確認に使われる情報です。

現在は、主に税金の電子申告(e-Tax)で使われていますが、将来的には、公的手続きだけでなく民間の手続きにも使用されることになっています。

なお、ICチップには所得情報や年金情報、医療記録といった、プライバシー性の高い個人情報は記録されないことになっています。

マイナンバーを厳重に管理すべきなのはなぜ?



個人番号カードには有効期限がある


個人番号カードには有効期限が設定されています。

有効期限は、20歳以上の人は10回目の誕生日まで、20歳未満の人は5回目の誕生日までとなっています。

20歳未満の若い人は成長によって短期間で容姿の変化すること考慮して、有効期限が短くなっています。



まとめ


◆「通知カード」は全ての人に送付されるが、その役割はマイナンバー(個人番号)を通知・確認することに限られ、本人確認のための身分証明証にはならない

◆マイナンバーに関わる番号確認と本人確認手続きは、個人番号カードがあれば1枚で完了できる

◆個人番号カードは図書館利用証、印鑑登録証、コンビニでの証明書発行などに使用でき、その他の利用範囲は今後拡大していく

◆「個人番号カード」は申請者にのみ交付される

◆個人番号カードのICチップに記録されるデータは、カードに記載のある情報と電子証明書であり、プライバシー性の高いデータの記録はされない

◆個人番号カードには有効期限がある


参照:
・総務省 マイナンバー制度と個人番号カードのご案内
http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/

                    
                                                                         

関連記事